日本救急医学会関東地方会は関東地方の救急医学の進歩発展を図り、救急医学の普及に貢献することを目的として活動しています。

新着情報

学術集会のお知らせ 詳細
第67回日本救急医学会関東地方会学術集会、
第54回救急隊員学術研究会 開催案内です。
第67回日本救急医学会関東地方会学術集会
日時:平成29年2月4日(土)
第54回救急隊員学術研究会
日時:平成29年2月3日(金)
会場:栃木県総合文化センター
会長:小野 一之(獨協医科大学救急医学)
HP:http://www.jaam67_kantou.umin.jp/
演題募集期間:2016年9月26日(月)〜11月4日(金)
日本救急医学会評議員・地方会推薦について
PDFファイルご報告
『日本救急医学会関東地方会雑誌』奥付追加のお知らせ
『日本救急医学会関東地方会雑誌』第34巻第1号において、奥付が入っておりませんでした。
多大なご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
PDFファイル第34巻第1号の奥付につきましては、こちらからダウンロードをお願い致します。

関連学会案内

東北大学による社会人向け医学教育プログラム(日本医療安全学会より)
会場: 東北大学
医療専門職以外の方を対象に、医学一般の基本の教育です。
医療系法曹界、工学、情報科学、医療系行政など医療問題を取り扱う方々を対象にした集中講義です。
医療安全に携わる弁護士の方々へも大変役に立つ内容で、国内では極めてまれな社会人教育です。
詳細は下記ホームページを参照してください。
http://www.redeem.jp
医療安全倫理・モラル研修会2016
日時:2016年7月2日(土)
会場:東京大学法文2号館31番講堂
対象者:国際医療リスクマネージメント学会ないし日本医療安全学会の学会員、医療施設経営者、専従医療安全管理者、専任医療安全管理者、医療安全管理者、歯科医療安全管理者、リスクマネージャー、医薬品安全管理者、医療機器安全管理者、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師、医療事務関係者、医療産業界関係者、その他の医療従事者 (定数700名)
申し込み締め切り:2016年6月20日(月)
詳細は下記ホームページを参照してください。
http://www.iarmm.org/J/PSEM2016/
医療安全基礎講座2016(日本医療安全学会より)
日時:2016年7月20日(水)〜22日(金)
会場:東京大学伊藤国際学術研究センター・謝恩ホール
主催:国際医療リスクマネージメント学会
後援:日本医療安全学会
対象者:国際医療リスクマネージメント学会の会員、日本医療安全学会の会員、医療安全管理者、臨床リスクマネージャー、医薬品安全管理者、歯科医療安全管理者、医療機器安全管理者、 医師、看護師、薬剤師、歯科医師、臨床工学技士、放射線技師、歯科衛生士、医療従事者、医療産業従事者。
目的:本基礎講座は、医療安全活動を実施する際に必要となる、医療安全に関する基本的な知識、ならびに、院内での医療安全研修会開催のための基本資料を提供するものです。
申し込み締め切り:2016年7月11日(月) ※定数(400名)になり次第、受付を締め切ります。
詳細は下記ホームページを参照してください。
http://www.iarmm.org/J/BASIC2016/
※本プログラムは、厚生労働省の診療報酬改定による「医療安全対策」として診療報酬申請に加算する際に、加算の対象となる2016年度の研修教科内容の1部にもなります。
※本プログラムは、日本医療安全学会認定「高度医療安全管理者」資格制度での必須科目の一部ともなります。
医療安全認定臨床コミュニケーター実習研修2016(クリニカルコミュニケーション編)(国際医療リスクマネージメント学会より)
期間:2016年8月6日(金)〜7日(日)
会場:東京大学医学部本郷キャンパス
対象:学会員(国際医療リスクマネージメント学会ないし日本医療安全学会)、医科医療安全管理者、医療対話推進者、歯科医療安全管理者、リスクマネージャー、医薬品安全管
理者、医療機器安全管理者、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、歯科衛生士、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師、法関係者、医療事務関係者、その他。
参加申し込み締め切り:2016年7月29日 ※定数(150名)になりしだい閉め切ります。
参加申し込みは以下のホームページを参照下さい。
http://www.iarmm.org/J/CRCA2016/
医療事故調査教育セミナー2016(日本医療安全学会より)
期間:2016年9月3日(土)〜4日(日)
会場:東京大学本郷キャンパス
目的:厚生労働省は全国の医療施設に対して医療事故調査の発生時に院内における医療事故の原因調査を義務化し、その改正を本年6月に行いました。それを受けて、本プログラムは、院内での様々な医療事故調査を実施する際に必要となる基本的方法を提供します。
対象者:国際医療リスクマネージメント学会の会員、日本医療安全学会の会員、医療安全管理者、臨床リスクマネージャー、医薬品安全管理者、歯科医療安全管理者、医療機器安全管理者、 医師、看護師、薬剤師、歯科医師、臨床工学技士、放射線技師、歯科衛生士、医療従事者、医療産業従事者。
参加申込締切:2016年8月22日(月) ※定数になり次第、申し込み受付を締め切ります。
申し込み方法: 下記を参照ください。
http://www.iarmm.org/J/HAS2016/
※本プログラムは、学会認定「高度医療安全管理者」資格制度での必須科目の一部ともなります。
IARMM学術総会2016ならびに第5回臨床安全世界会議(5WCCS)
(国際医療リスクマネージメント学会より)
テーマ:臨床安全文化の総合的アプローチ
期間:2016年9月21日(水)〜23日(金)
会場:ハーバード大学医学部 Joseph B. Martin Conference Center
一般演題(口演/ポスター)申込期間:2016年2月1日〜5月1
申し込まれた口演はパネル討論会へ編入します。
参加申込期間:(演題発表者) 2016年4月1日〜6月30日
(その他) 2016年4月1日〜9月1日
詳細は下記ホームページをご覧下さい。
http://www.iarmm.org/5WCCS/
第3回日本医療安全学会多種職間学際シンポジウムの開催
(日本医療安全学会より)
会期:2016年9月24日(土曜日)午前10時〜午後5時
会場:京都府立医科大学附属図書館ホール
ホームページ:http://anesth-kpum.org/medicalsafety/
プログラム案内と参加申込書:
http://anesth-kpum.org/medicalsafety/wp-content/uploads/2016/04/2016_symposium_2.pdf
第3回日本医療安全学会学術総会
会期: 2017年3月18日(土)〜19日(日)
会場: 東京大学
ホームページ:http://jpscs.org/3rdJPSCS/
一般演題申込み期間:2016年7月1日〜10月1日
詳細:http://jpscs.org/3rdJPSCS/outline.pdf

更新情報

  • 学術集会を更新しました。関連学会案内を更新しました。(16.09.21)
  • 学術集会を更新しました。(16.09.02)
  • 学術集会を更新しました。(16.08.01)
  • 関連学会案内を更新しました。(16.07.04)
  • 関連学会案内を更新しました。(16.06.10)

過去の更新情報はこちら